引っ越しのサカイで値引き交渉してみました。


引っ越しのサカイの見積もり料金を安くした方法

引っ越しのサカイへ直接見積もり依頼するのではなく、一括見積りサイト経由で見積もりしたことにより料金の大幅な値引きに成功しました。また、引っ越しのサカイ以外の優良業者が見つかる可能性もあるのでおすすめです。

↓実際に利用した無料一括見積りサイトはこちらです。↓

引越し費用を安く抑える3つの確実な方法

毎年、春になると新しい生活が始まる人も多く、それに伴って引越しシーズンがやってきます。この引越しですが、全部引越し業者にお願いすると、かなりの金額が掛かってしまうため、自分でトラックを借りて荷物を運ぶと言う人もいれば、友達に手伝ってもらうというケースもあります。新生活には何かとお金が掛かるため、出来れば引越し代金も安く済ませたいものですね。

けれど、引越し業者を利用しても、引越し代金が安くなる場合もあります。例えば、以下のような点を踏まえて、引越し業者を探すのがおすすめです。

1 引越しのオフシーズンを狙う!

引越しをするとなると、学校が始まる四月に備えて、三月頃に引越しを検討する場合が多いです。そのため、引越し業者も五月頃からは割りと空きが出てくることもあります。このようなオフシーズンには、料金を安く設定して、お客を呼び込む引越し業者も多数ありますので、オフシーズンに引越しを考えるのもおすすめです。

2 不用品の処分を自分で行う!

また、格安な引越し業者を利用すると、不用品などを処分する際には、料金が発生する場合もあります。そのため、結果的には引越し代金が高くなってしまったと後悔している人も少なくありません。格安な引越し業者を利用する場合には、事前に必ず見積もりを取っておき、不用品などの処分をどうするか聞いておきましょう。

また、不用品などを自分で処分すると、引越し料金を安くすることも出来る場合があります。大型ゴミの日などを調べて、処分をすれば、ゴミの処分料だけで済むことも出来ますので、お金があまり掛けられない場合には、自分で出来るだけ動くようにしましょう。

3 短時間で済むかどうかを必ず考えておくこと!

単身で引越しをする際には、大抵は一日で済むことも多いですが、中には一日だけでは足らず、二日に渡って引越しをするケースもあります。そうなってしまうと、身体も疲れやすくなりますし、次の日に仕事があると、引越しによる負担も大きくなります。このような点も気をつけて、引越し業者を探すようにしましょう。

引越し業者の中には、スタッフがほとんどおらず、一人か二人で引越しを行うところもありますので、このように人員が足りない業者だと、なかなか引越しがスムーズに終わらない恐れもあります。まずは、引越しをする日時までに、引越し業者の見積もりを必ずチェックしておきましょう。

引っ越しのサカイと自力引っ越しを比較してみた経験

・1度目の引越し

私自身の引越しですが、まず引越し元ですが神奈川県内の学校の近くの1Kのアパートを借りて暮らしていました。そこでの生活も三年目に差しかかり、そろそろ就職活動の資金を貯めなければならないということで、夏休みに引っ越しを決意しました。

そんなわけで、家賃4万5千円の1Kのアパートから、家賃2万6千円のオンボロアパートにグレードダウンさせました。生活の質は下がりますが、これだけで月に1万9千円も浮くため、貯金はどんどん貯めることが出来ます。せっかくなら引っ越し代も浮いたらもっといいなということで、同じサークルの男子たちにも手伝ってもらいました。彼らはタダで働くことに抵抗を示したので、冷たいお茶とおにぎりとアイスクリームをごちそうすると言うと、すんなり交渉成立しました。

一人軽トラを所有している頼もしい農家の息子がいたので、彼には特別にコンビニのから揚げ付きの食事を用意しました。食べ盛り男衆を満足させる食費は、思いのほか痛かったですが、引越し屋さんに来てもらう際の費用を考えると安いものです。それほど家具も多くない部屋でしたので、荷運びはそれほど大変ではありませんでしたが、部屋のレイアウトで男衆ともめたエピソードは、今でも忘れられません。若いからこそできる引っ越しでした。

・2度目の引越し

2度目の引越しでサカイ引越しセンターを利用しました。やはりなんといってもすべてお任せできるのがラクでした。料金はかかりますが結局のところ自力引越しの諸々の費用を考えると、最初から業者に依頼してしまうのが圧倒的におすすめです。

▼無料一括見積もりはこちら